春の色

ようやく春らしい陽気になりました。温かくなると、庭の花や草木も少しずつ色付いて、同じ場所なのに景色も一変します。

 

直売所には、菜の花、せり、クレソン、ルッコラ、アスパラ、山菜が所狭しと並んでいます。そして、寒さが緩むと、鶏や牛も元気になるのか、卵や牛乳も、とても美味しく感じます。

 

メニューのお知らせです。

 

<パスタ>

仔羊のラグー

ラム肉とパプリカを白ワインとトマトで煮込んだ春らしい軽めのソースです。自家製ショートパスタ(ニョッケッティ・サルディ)を合わせます。セモリナ粉とサフラン水で作った生地を、ひとつひとつ丁寧に成形した小さなパスタはモチモチの食感。仕上げに羊乳のチーズ、ペコーリーノをたっぷり削ったサルデーニャの郷土料理です。(数量限定です。)

 

人気のふきのとうのスパゲッティは、今年は急に温かくなったので、早めに終了となりそうです。ふきのとうの入荷があれば引き続きご用意したいと思っています。イカスミのソースは終了しました。ありがとうございました。

 

<メイン>

トリッパ・アッラ・ロマーナ

ディナーのメインになりますが、またトリッパが始まりました。牛の胃(ハチノス)を煮込んだイタリア各地で味わえる郷土料理です。今回は、上質なイタリア産の仔牛のトリッパと、ほんの少しミントをきかせたローマ風のトマト煮込みです。モツ好きの方はぜひ。

 

<デザート>

カンノーロ

安曇野の牛乳で作った自家製のリコッタチーズのクリームをたっぷり詰めたシチリアの揚げ菓子です。刻んだチョコレートを混ぜ込んだリコッタクリームをお出しする直前に詰めるので、揚げた皮はバリバリ、中のクリームはとろり、食感のコントラストが楽しい、毎年人気のデザートです。

 

トルタ・ディ・フォルマッジ

安曇野の新鮮な平飼い卵と3種のフレッシュチーズで作る贅沢なチーズケーキです。ティラミスは数日で終了となります。

 

ドライブにも散策にも気持ちのよい季節です。安曇野の旬の食材とイタリアらしい春の料理で、皆様のお越しをお待ちしています。

 


初夏の赤

春を通り越して、いきなり夏がやってきたような、ここ数日の安曇野。

 

毎年楽しみにしている地物のイチゴや真っ赤なルバーブが出回り始めました。アメリカンチェリーもこの時期だけの旬の味です。真っ赤な果実や野菜が、初夏の到来を教えてくれるようです。

 

 

香りのよい花も次々と咲いて、ハーブティも美味しい季節です。

 

新しく始まったメニューのお知らせです。

 

イチゴのミッレフォーリエ

甘くてとても美味しい安曇野の路地のイチゴとカスタードをパリパリのパイ生地ではさんだ毎年人気のデザートです。

 

焦がし小麦のオレキエッテ

南イタリア、プーリア州の郷土パスタです。その昔は粗食、今では逆に貴重なものとなったグラノ・アルソ(焦がした小麦)とセモリナ粉で作る耳たぶ型のショートパスタです。季節の野菜とアンチョビのオイルソースでシンプルにお出ししています。モチモチの食感と香ばしい小麦の風味をぜひご賞味ください。

灰色がかったプーリア産の焦がし小麦
灰色がかったプーリア産の焦がし小麦
ひとつづつ成形したオレキエッテ
ひとつづつ成形したオレキエッテ

 

飲むお酢、今年も始まります。

5月下旬から8月いっぱいくらいまで、安曇野の旬のフルーツやハーブを自家製のお酢に漬け込んだドリンク(現在は2種類)をご用意しています。

 

ミント&ビネガーソーダ(自家菜園のミント+自家製りんご酢)

イチゴ&ビネガーソーダ(安曇野の路地イチゴ+自家製赤ワインビネガー)

 

6月頃には色々なベリーをビネガーに漬け込んだサワーや赤シソソーダも始まります。食欲増進、疲労回復など、美容と健康にも良さそうな「飲むお酢」はいかがですか?食前酒にもぴったりです。


春の声?

昨日の夜少し雪が降りましたが、今日から3月です。

日差しも明るく強くなってきました。

鳥のさえずりも、なんとなく春の鳥の声のように聞こえます。

そろそろフキノトウがではじめるかなぁと楽しみです。

 

<パスタメニューの変更>

 

ほうれん草とリコッタのラビオリ・ゴルゴンゾーラソースを一旦お休みします。大人気だったので、地物の美味しいほうれん草があれば、もう1回お出しできるといいなぁと思っています。

 

それまでは、写真の手打ちパスタ、ガルガネッリをご用意しています。

イタリア北部エミリア・ロマーニャの郷土パスタです。

しっかりとしたコシのあるパスタで、今回は自家製のサルシッチャ(イタリアのソーセージ)とひよこ豆のトマトソースを合わせます。

 

表面に溝を付けてあるので、ソースがよく絡んでクセになる味わいです。

ぜひ、ご賞味ください。

 

<デザートメニューの変更> 

 

安曇野のりんごで作るストゥルーデル(アップルパイ)とティラミスが終了しました。

先週末より苺とカスタードをたっぷり挟んだパイのミルフィーユ仕立てがスタートしています。

 

また、今日からシチリアの銘菓、カンノーロもメニューに加わります。

自家製のリコッタチーズにチョコレートなどを加えて作るクリームを筒型に揚げた皮へたっぷり詰めます。

ご注文を頂いてから絞り出すので、皮はサクサク、バリバリです。

映画ゴッドファーザーにも登場するシチリアを代表するお菓子、恵方巻きのようにガブリとお召し上がりください。


ゴルゴンゾーラ

今日は久しぶりに、とても暖かい1日でした。

週末はあいにくの雨の予報ですが、15℃近くまで気温は上がるようです。

 

メニューのお知らせです。

美味しいほうれん草がたくさん出ていたので、自家製のリコッタチーズと、地物のほうれん草をたっぷり詰めたラビオリを少量ですが仕込みました。

 

庭のセージが雪で埋もれてしまったので、定番のセージとバターのソースではなく、今回はゴルゴンゾーラのソースです。濃厚なゴルゴンゾーラが癖になる味わいです。マスカルポーネたっぷりのティラミスも引き続きご用意しています。

チーズ好きの方は、ぜひご賞味ください。

 

Happy Valentine's Day!   バレンタインデーも元気に営業しています。


夏本番、ジェノヴェーゼ

夏といえばバジル、バジルといえばジェノヴェーゼ。


去年と同様、こよりのようにねじった手打ちパスタのトロフィエに、

フレッシュなバジルたっぷりで作ったジェノヴェーゼソース、

美味しい安曇野のジャガイモとインゲンをあわせます。

安曇野の旬がギュッとつまった一皿です。ぜひご賞味ください。

 

カシスのビネガージュースも、再度たっぷり作りましたので、もうしばらくお楽しみいただけます。

 夏の野菜やフルーツをたっぷり食べて、元気に暑い夏を乗り切りましょう。

 

去年より少し大きめサイズで作ったトロフィエ。コシのあるモチモチの手打ちパスタです。
去年より少し大きめサイズで作ったトロフィエ。コシのあるモチモチの手打ちパスタです。


初夏の安曇野

ここ数日、日中は夏のような陽気が続いていた安曇野ですが、今日は久しぶりの雨で涼しい1日でした。

ちょっと弱っていた草花も青々とすっかり元気を取り戻したようです。

 

季節の移り変わりとともに、メニューも少し変更になります。

手打ちのガルガネッリ、いちごのミッレフォーリエが本日で終了しました。

どちらも大人気で、たくさんの方にお召し上がりいただきました。ありがとうございます。

 

<明日から新しくメニューに加わるパスタ>

イカスミのスパゲッティ

毎年、夏と冬、年に2回登場するのですが、いつも楽しみにしてくださっているお客様が多いパスタメニューです。

今年は少し早めにスタートです。

イカスミ好きの方はぜひお試しください。期間限定です。

 

手打ちのカヴァテッリ 自家製サルシッチャのオイルソース

ひとつひとつ指やナイフで引っ掻いて作る可愛らしいパスタに、自家製のサルシッチャ(イタリアのシンプルなソーセージ)と、

安曇野の旬野菜をあわせます。イタリアらしい素朴な一皿です。

 

<明日から新しくメニューに加わるデザート>

チェリーのパイ

甘酸っぱいチェリーとサクサクのパイ、こちらも期間限定です。

 

ミントとチョコレートのジェラート

ミントが、わさわさと茂ってきたので、自家製の優しい風味のミントアイスを作りました。

イタリアのチョコレートをたっぷりと刻んでちりばめました。



手打ちのカヴァテッリ ソースがよく絡みます!
手打ちのカヴァテッリ ソースがよく絡みます!
イタリアンパセリも毎日大活躍です。
イタリアンパセリも毎日大活躍です。

お隣さんから頂いた発芽したバジル。50芽以上ありました。ありがとうございます。
お隣さんから頂いた発芽したバジル。50芽以上ありました。ありがとうございます。
2週間でこんなに大きくなりました。ジェノヴェーゼソースに出来るのはいつ頃かな?
2週間でこんなに大きくなりました。ジェノヴェーゼソースに出来るのはいつ頃かな?

 

 

追記:イベントについて

「もっと知りたい安曇野とイタリア」次回開催を6月くらいで考えていたのですが、もう少し先になりそうです。開催が決まりましたら、会員さま向けのメルマガやこのブログを通じてお知らせいたしますので、どうか気長にお待ちいただけましたら幸いです。

 

 


ガルガネッリ

先日のデザートに続き、今度はパスタメニューのご紹介です。

 

地物のほうれん草と自家製リコッタチーズを詰めたラビオリが本日で終了です。

 

代わりにパスタメニューに加わるのが、ガルガネッリ。

ニョッキ用のボードを使って、ひとつひとつ手作業で丁寧に作っています。

 

新鮮な安曇野の卵と小麦の風味が抜群で、コシが強く歯ごたえのあるクセになる手打ちの生パスタです。

今回は、定番のボロネーゼではなく、タコと豆のピリ辛のトマトソースと合わせます。

溝の部分にソースがよく絡んで、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。

 

こちらはゴールデンウィークくらいまでお出しする予定ですので、ぜひお試しください。

 

 

①練った生地を正方形に切って
①練った生地を正方形に切って
②棒でくるくると巻きつけると
②棒でくるくると巻きつけると
③綺麗な溝がつきます
③綺麗な溝がつきます
④ちょっと太めのガルガネッリ
④ちょっと太めのガルガネッリ


少しずつ春のメニュー

さらさらの雪が舞っていた今日の安曇野。

2月の大雪の日のことが一瞬頭をよぎり、ドキリとしましたが、路面の雪もすぐに解けてホッとしました。

クラシコ奥の道も無事開通。車での通り抜けも出来るようになっています。

 

まだまだ朝晩の寒さは厳しいですが、少しでも小さな春を感じられるような料理をと思い、

一部、春のメニューをスタートしました。

 

これをひとつひとつ成形をして・・・
これをひとつひとつ成形をして・・・
耳の形の手打ちパスタ オレキエッテ 出来上がり!
耳の形の手打ちパスタ オレキエッテ 出来上がり!

南イタリアはプーリア州の伝統食「オレキエッテ」です。

春の青菜をたっぷりとあわせます。

 

それに伴い、「ほうれん草とリコッタチーズのラビオリ」「信州産の鹿肉料理」は本日で終了です。

また来年、山麓の紅葉が終わる頃にお出しできればと思っています。

 

安曇野の春は、もうすぐそこ。(ですよね?)

ふきのとう、よもぎ、たらの芽、こしあぶら、こごみ、山ウド、いらくさ・・・

春の山菜の芽吹きが、本当に待ち遠しいです。

 

 


実りの秋 トリュフ

 アニョロッティ・ダル・プリン
 アニョロッティ・ダル・プリン
 黒トリュフ
 黒トリュフ

 

少量ですが、イタリアから「黒トリュフ」が届きました。

 

ピエモンテ州を代表するパスタ「アニョロッティ・ダル・プリン」に

たっぷり削ってお出しする予定です。

 

ランチ、ディナーを問わず、いずれのコースでもプラス500円です。

期間、数量限定となります。

 

ここ安曇野でも、松茸、アミタケ、ナラタケ、コウタケ、コムソウなど、

さまざまなキノコが出始めています。

 

トリュフも雑キノコもどちらも甲乙つけがたく本当に美味しいものですね。

 

 


 リストランテ・クラシコ

 tel:  0263-87-8564

安曇野市穂高有明2186-72

 

定休日 火・水曜日

 

ランチ  11:30 〜 14:30 (13:00 LO) 

ディナー 18:00 〜 21:30 (19:30 LO) 

*ディナーは前日までの要予約 *



* ディナータイムはコース料理をお召し上がりいただける小学生以上のお客様でお願いしております。

* クレジットカードの取り扱いはございません。

* 店内は全席禁煙です。

Copyright(C)2013-2020 Ristorante CLASSICO All Rights Reserved.